車内の香りが自由自在! 手持ちの香水を車内で楽しめるアイテムが登場

2019年7月15日 16:50

小

中

大

印刷

ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)

ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 車内の匂いが気になり、芳香剤を購入した経験がある人も多いだろう。しかし、自分好みの芳香剤が見つからず、妥協して購入している人も少なくないはず。そんな芳香剤難民に救世主として現れたのが、カーメイトが7月6日に発売した、手持ちの香水を車内の芳香剤として使用できる「ブラング エア パフュームディフューザー」だ。

【こちらも】多発する自動車の踏み間違え事故 「急発進防止」の後付け装置で対策も

 車内の芳香剤に香水と聞いて「えっ」と感じた人もいるかもしれないが、カーメイトの芳香剤使用者2,444人を対象に独自調査を行った結果、なんと半数以上が好きな香水をルームスプレーのように使用したことがあると回答し、潜在的にニーズがあることが判明した。

 しかし、香水をルームスプレーのように車内で使用すると、インテリアやシートに香水がかかった時に変色や変形が起きる可能性が高い。そこでカーメイトでは、直接車内に噴霧せず、しかも香水が垂れてインテリアを傷める心配がない「ブラング エア パフュームディフューザー」を開発した。

 使用方法は、手持ちの香水を含侵用パッドにスプレーして、エアコン吹き出し口にセットするだけ。香りの強さは、パッドへのスプレー回数で変えることができる。そして、香水を含ませた含侵用パッドから、万が一香水が垂れてインテリアを傷めないように受け皿に溝を設ける工夫も施されている。

 含侵用パッドには、素早く香水を吸収できる素材を厳選して使用している。これにより、エアコンの吹き出し口にセットすると、エアコンの風と共に車内にお気に入りの香りが広がる電源不要のアイテムとなっている。

 含侵用パッドを入れるケースのカラーは、ブラックとシルバーの2種類で、アルミパネルにアルマイト処理を施した、香水の香りに相応しい高級感溢れるデザインとなっている。

 「ブラング エア パフュームディフューザー」のセット内容は、ディフューザー、取り付けクリップ、含侵用パッド×3枚で、価格はオープン。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース