国際 RSS

 

米ビデオゲーム業界、労働に見合う賃金払われず 都市部家賃が追い打ち

2019年7月11日 20:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米国のビデオゲーム業界では、大手スタジオにて「Crunch(クランチ)」と呼ばれる過酷な長時間労働が常態化しているという。特に「クランチタイム」と呼ばれる発売直前の段階で休日や残業を強いられるような状況であり、これに加えて低賃金や不公平な賃金といった問題も広がっているという。しかし、賃金問題などについては、レイオフのリスクや将来の雇用に響くとの考えから、Crunch問題以上に開発者が状況を公にしにくいらしい。

 給与関連の情報を提供するPayScaleによると、ゲームスタジオ「Gearbox Software」の平均給与は年54,000ドルであるという。しかし、それはあくまで平均でしかなく、10人ほどしかいない上級レベル・デザイナーは105,000ドルを受け取っており、これによって平均給与が跳ね上がっているに過ぎないという。

 また、多くのゲーム・スタジオは、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトルとニューヨークなどの主要都市にある。しかし、こうした主要都市は国内の他の場所よりもはるかに高い生活費を必要とする。ほとんどのスタジオは遠隔地での作業を認めていないため、生活費の負担が大きいという(Digital TrendsAUTOMATONSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ゲーム | アメリカ合衆国 | お金

 関連ストーリー:
米Amazon、最低時給を15ドルに引き上げ 2018年10月09日
米IT企業、インド人技術者を時給1.21ドルで働かせていた 2014年10月26日
IT 業界の給与水準、2008 年時の水準に回復 2012年01月11日
シリコンバレーの住民には4つの階級がある 2018年08月28日
サンフランシスコでAppleやGoogle、Yahooなどの通勤バスが頻繁に銃撃される事態が発生 2018年03月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードニューヨークサンフランシスコ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース