国際 RSS

 

欧州委員会、サンリオに約7.6億円の支払い命じる 国境越える取引制限として

2019年7月10日 21:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 欧州委員会が7月9日、サンリオに対しEU競争法に違反したとして制裁金622万2千ユーロ(約7億6千万円)の支払いを命じたと発表した(共同通信時事通信NHK)。

 EU法では加盟国内における商品の自由な移動を保障することが定められており、企業に対しても特定の加盟国のみを有利に扱うような契約は禁止されている。サンリオはこれに反し、同社のキャラクターなどの使用権を与えた業者に対し、EU内の国境をまたぐ販売を制限したという。

 このような制限は昨年12月まで約11年にわたって行われていたという。なお、欧州委の調査へのサンリオの協力状況が考慮され制裁金は40%減額された。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | EU

 関連ストーリー:
EU、Valveやバンダイナムコ、カプコンなどが欧州内の国毎に異なる価格設定でコンテンツを販売していたことに対し是正を求める 2019年04月09日
欧州委員会、GoogleのWeb検索で自社を優遇したとして3000億円の制裁金を課す 2017年07月01日
EU、欧州におけるSteamの地域制限について調査を開始 2017年02月06日
EU、国ごとのコンテンツ制約を廃止する方針を決定。一方で反対意見も 2015年04月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード欧州委員会サンリオ

広告

財経アクセスランキング