東京都、通勤ラッシュ緩和に向け船による通勤の実証実験

2019年7月8日 17:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京都が7月24日から8月2日にかけて、船を使った通勤に向けた実証実験を行うそうだ(NHK朝日新聞産経新聞)。

 実証事件では中央区・晴海の勝どき駅近くの「朝潮運河船着場」と、日本橋駅近くの「日本橋船着場」を結ぶルートが使われ、所要時間は30〜40分ほど。7時30分から9時まで、15分間隔で運行される。船の定員は約40人。屋根はないとのこと。料金は無料だが、乗船には事前予約が必要。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | 交通

 関連ストーリー:
アメリカで自転車通勤者が減少、好景気やガソリン価格の低下、ライドシェアの普及が理由か 2019年01月10日
東京都による時差通勤キャンペーン「時差Biz」に対しやりっぱなしという批判 2018年07月11日
「テレワーク・デイ」始まる 2017年07月25日
Yahoo、週休3日制の導入へ 2016年09月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース