国際 RSS

 

インド、今後数年で相当部分が暑すぎて居住不可能になる可能性も

2019年7月6日 13:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 温暖化による気温上昇が続けば、インドやバングラデシュの多くの地域は人間が住むには適さない環境になるとの報告が出ている(CNN)。

 世界で現状のままの二酸化炭素排出が続き、世界の気温が4.5℃上昇した場合、インド北東部や東部、バングラデシュなどで「生存可能性の限界」を超える、もしくはこれに近づくことになるという。

 インドでは昨年から猛暑が続いており、6月にはニューデリーで最高気温が過去最高の48℃を記録したほか、暑さが原因の死亡者も出ている(AFP)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
フランスで45.9℃を記録、ヨーロッパ各地の記録的暑さで死者や山火事 2019年07月02日
パリ協定の目標を達成しても日本の猛暑日は1.8倍に、気象研究所などがシミュレーション 2019年05月27日
地球温暖化を抑えられる可能性はほぼない? 2019年03月25日
米政府、温暖化で経済に悪影響との報告書をまとめる。一方トランプ大統領は信じないと明言 2018年11月29日
地球温暖化による気温上昇、「1.5℃」と「2℃」では影響が大きく変わる 2018年10月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインドバングラデシュ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース