Amazon.com、スマートスピーカーから収集した音声データなどの保存は無期限

2019年7月5日 20:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 音声認識機能を持つスマートスピーカーでは、マイクで集音した音声をサーバーに送信してサーバー側で音声認識処理を行っている。ここでサーバー側に送信された音声がどのように処理され保存されているのかは以前から議論になっていたが、米Amazon.comでは録音データおよびそれをテキスト化したものを無期限で保存しているという(CNETITmediaSlashdot)。

 今年5月に米民主党のChris Coons議員がAmazonに対しデータの扱いを問い合わせた結果、こういった回答が得られたという。回答によると、録音データおよびテキストはユーザーが明示的に削除リクエストを行わない限り無期限に保存されるとのこと。なお、録音データの削除リクエスト機能は5月に実装されたが、音声から変換されたテキストデータは完全には削除されていないことも明らかになった。

 Amazon側はこれについて、たとえば外部サービスと連携する際にその際の取引履歴を残しておく必要があるためと説明している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ソフトウェア | プライバシ

 関連ストーリー:
AmazonのAlexaチーム、スピーカーで流した音声に対しても機能する電子透かし技術を開発 2019年04月05日
Amazon Echoの音声アシスタントAlexa、今度は突然謎の音声を再生するトラブル 2018年07月10日
Amazon Echo、家庭の会話を勝手に他人に送信する誤動作。なんらかの音声を誤認識か 2018年05月29日
スマートフォンが勝手に録音を行なってデータを収集している疑惑、Appleは否定 2018年08月14日
Facebook、テレビCMに反応してスマホに周囲の音を録音・送信させテレビ視聴状況を分析する特許を出願 2018年07月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazon

広告