AMBITIONはsubsclifeと販売代理店契約を締結

2019年6月27日 07:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■家具・家電のサブスクリプション型サービスである、「subsclife」の販売を開始

 AMBITION<3300>(東マ)は、subsclife (本社:東京都渋谷区)と販売代理店契約を締結した。この提携により、AMBITIONの取り扱い賃貸物件の利用者に対し、家具・家電のサブスクリプション型サービス(利用期間に対応して対価を支払う)である、「subsclife」の販売を6月26日より開始した。

 最近、利用期間に応じた対価を支払うことへのニーズが求められており、同社グループでは、家具のサブスクリプションサービスは不可欠と考え、取扱ブランド数 41、取扱家具数38,000種「subsclife」を提供することとなった。これにより、利用客の住環境へのイニシャルコストを軽減し、新規顧客との接点を創出し既存顧客とのリレーションも強化する。

 まずは、AMBITION、アンビション・ルームピア、VALORの3社が販売を開始し、その後グループ各社での対応を順次予定している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告