建設技術研究所は「福ごはんプロジェクト」に参加

2019年6月27日 07:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■食べられるはずなのに捨てられてしまう「食」について考え、解決する取り組み

 建設技術研究所<9621>(東1)は、食べられるはずなのに捨てられてしまう「食」について考え、解決する取り組み「福ごはんプロジェクト」に参加する。開催日は7月2日(火)の13時から14時まで、会場はHama House(東京都中央区日本橋浜町3丁目10-6)となっている。

 最近、恵方巻きや土用の丑の日のウナギなどをはじめとして、「フードロス(食品の廃棄)対策」が社会的課題となっていることから、「浜町マルシェ」の残り食材を活用したフードロス対策として「福ごはんプロジェクト」が立ち上がった。

 同社の本社がある中央区日本橋浜町において、年に4回(1月・4月・7月・10月)に開催される「浜町マルシェ」で売れ残った食材を活用し、地元の人・企業・組織が一体となり、食べられるはずなのに捨てられてしまう「食」について考え、解決する取り組み。

 「福ごはん」の販売は、建設技術研究所のリフレッシュスペース、カゴメの飲食スペース、明治座の劇場エントランスで行われる。

 その他、余った食材を使ってオリジナルメニューとして、一般客にも提供する、富士屋本店日本橋浜町(カジュアルフレンチ)、浜長かねこ(蕎麦屋)、HAMACHO DINING&BAR SEDDiON(ダイニングバー)があるが、7月2日の17時以降の限定サービスとなる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告