NY為替:ドル売り一服、FRB議長が過度な利下げ期待をけん制

2019年6月26日 06:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:08JST NY為替:ドル売り一服、FRB議長が過度な利下げ期待をけん制
25日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円83銭まで下落後、一時107円40銭まで反発し、107円19銭で取引終了。米国とイランの対立激化を懸念したリスク回避の円買い、予想を下回った消費者信頼感指数や5月新築住宅販売件数に失望したドル売りが優勢となった。その後、ブラード米セントルイス連銀総裁が「現状で50bpの利下げは行き過ぎ」との見解を示したほか、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が過度な利下げ期待をけん制したため、7月会合での大幅な利下げ観測は後退し、ドルの買戻しが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1399ドルから1.1344ドルまで下落し、1.1366ドルで引けた。ユーロ・円は、121円65銭まで下落後、122円04銭まで反発。ポンド・ドルは、1.2742ドルから1.2672ドルまで下落した。合意なき欧州連合(EU)からの離脱の可能性を警戒したポンド売りが優勢となった。ドル・スイスは、0.9715フランまで下落後、0.9777フランまで上昇した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース