NY原油:続伸で57.90ドル、イランに対する追加制裁を意識した買いが入る

2019年6月25日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY原油:続伸で57.90ドル、イランに対する追加制裁を意識した買いが入る
NY原油先物8月限は続伸(NYMEX原油8月限終値:57.90 ↑0.47)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+0.47ドルの57.90ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは56.75ドル−58.22ドル。トランプ米大統領は24日、イランに対する追加制裁を科す大統領令に署名したことが材料視されたようだ。イランの最高指導者ハメネイ師やイスラム革命防衛隊(IRGC)の幹部が制裁対象となる。トランプ大統領は「イランとの交渉ができることを望む」、「イランとの対立を望んでいない」と述べているが、米国とイランの対立が続くことで地政学的リスクは増大し、安定的な原油供給は困難となる可能性が残されている。《CS》

広告

財経アクセスランキング