オーミケンシがストップ高、レーヨン生産しプラごみ削減銘柄との見方

2019年6月24日 11:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■レーヨンは石油原料の化学繊維と異なり加工処理後は土に還ると

 オーミケンシ<3111>(東2)は6月24日、大幅続伸し、10時前にストップ高の551円(80円高)で売買されたまま買い気配となっている。国内で現在もレーヨンを生産する数少ないメーカーで、レーヨンは、「ポリエステルなど石油を原料とした化学繊維と違い、加工処理したあと埋めると土に還る」(フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」2019年6月24日午前11時現在より)ため、プラスチックごみ削減を巡る世界的な動きが材料視されたとの見方が出ている。

 同社ホームページには、「地球にやさしい草本系レーヨンre:terra(リ・テラ)」や、「カーボンニュートラルなkenaf(ケナフ)」などが紹介されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング