パーム・エンジェルス、2020年春夏コレクション発表

2019年6月20日 09:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 パーム・エンジェルス(Palm Angels) 2020年春夏コレクションが、2019年6月16日(日)イタリア・ミラノで発表された。

■地下鉄に現れた南国の風景

 ミラノ市内に位置する地下鉄が会場に選ばれた今季。普段は市民で賑わうメトロの通路は、外部からの出入りを完全にシャットダウンし、非日常的な空間へと様変わりした。駅名の表札を掲げた壁一体を覆うのは、ワイルドに生い茂るパームリーフ。南国のエキゾチックな空気と、無機質なコンクリートで囲まれた無骨さが織り交じるその独特な空間で、始まりの合図と共にショーはスタートした。

■リラックス×洗練されたデザイン

 南国のダウンタウンで活動するスケーターたちの着こなしには、その土地を包むリラクシングな空気とシティライクなテイストが同時に潜んでいるように感じられる。ワードローブは、動きやすく適度に“ゆったり”としたシルエット。またセンタープレス入りのパンツや上品な光沢感のあるジョガーパンツなど、クリーンな印象をもたらすボトムスを取り入れているのも特徴的だ。

■ダウンで仕立てたトップス

 印象的だったのは、ユニフォームをモチーフにしたかのような配色のショートスリーブのダウンウェア。普段はアクティブに見えるウェアも、立体感を帯びるだけでシルエットが拡張され、フレッシュな印象を与えてくれる。

■アクティブなカラーを主役に

 ホワイト、ブラック、ベージュなど、ベーシックなカラーパレットから時折顔を覗かせるのは、イエローやレッド、鮮やかなブルーなど、スポーツと親和性の高いエネルギッシュな色あい。中でも、複数のカラーをミックスしたタイダイは、ロングジャケットやパーカー、ボトムスなどあらゆるアイテムに登場する。ひと際目をひいたのが、マフラーとセットになったタイダイ柄のイエローのセーター。その色の微妙な移り変わりも網目模様で再現した、クラフトマンシップが感じられる一着となっている。

■様々なモチーフが混在

■ハイビスカス柄

 バリエーション豊かなモチーフも合わせて紹介したい。オリエンタルな花々や、星条旗、テディベア、人魚といったユニークなモチーフをはじめ、トロピカルな空気をのせたハイビスカス柄も登場。セーターをレイヤードしたビッグシルエットのシャツは、そのサイズに負けないほどの大きなハイビスカス柄をあしらって男性らしさを強調する。

■バタフライ柄

 今季のインビテーションを飾った鮮やかなイエローのバタフライもテキスタイルの上で散見された。一匹の蝶をポイントにあしらったデザインが主流だが、中には複数の蝶が飛び交うドラマチックなジャケットも。ベースとなる真っ白なテキスタイルと相まって、カラフルな羽根を持つ蝶たちの美しさがより一層引き立てられている。

■“ポケット”で覆われたポップなバッグ

 スケーターたちが身に着ける小物アイテムの中で、ひと際注目を浴びたのが、カラフルなジップ付きポケットを全面にあしらったユニークなバックパック。余裕のある奥行きで収容力にも長けたそのバッグには、レッドやグリーンなど、1つ1つのポケットの色に応じて“お気に入り”や宝物を入れることができる楽しみも兼ね揃えている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミラノパーム・エンジェルス(Palm Angels)2020年春夏コレクション

広告