Uber、ドローンでのハンバーガー配達開始へ 今夏からサンディエゴで

2019年6月19日 22:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 配車サービスや飲食物配達サービスを手がけるUberが、2019年夏からマクドナルドのハンバーガーをドローンで配達する試みを発表した(DailyHeraldGIGAZINESlashdot)。

 このサービスは人口密度の高い都市部での展開を予定しているもので、まずは米サンディエゴでテストを開始するという。ハンバーガー以外の配達についても将来的には対応することを検討しているそうだ。配達料金は同社の既存配達サービスであるUber Eatsと同様のものになるようだ。

 ただし、ドローンを使って直接依頼者の家までハンバーガーを運ぶわけではないとのことで、ドローンで運ぶのは途中までで、依頼者宅近くの「安全な着陸場所」でドローンから荷物を受け取ったUber Eatsの配達人が最終的に依頼者の家に届ける形になるという。また、将来的には駐車されている自動車の屋根を着陸場所として利用することも想定されているそうで、車の屋根に描かれたQRコードをドローンが読み取る様子なども動画で公開されている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス | 交通

 関連ストーリー:
ロシアの郵便配達ドローン、デモ飛行で壁に激突 2018年04月07日
自律走行するロボットが出前を届けるサービス、米サンフランシスコで開始 2017年04月18日
米Amazon.com、米国内で初めてのドローン配送実験を行う 2017年03月28日
ドミノピザの宅配ロボ「DRU」、オーストラリアで無人宅配に成功 2016年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマクドナルドUberドローンハンバーガー

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース