国際 RSS

 

プログラム「BASIC」の創造記念する歴史案内板 米ニューハンプシャー州に

2019年6月19日 22:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 米国・ニューハンプシャー州がプログラミング言語BASICの創造を記念する歴史案内板を州道沿いに設置したそうだ(Concord MonitorThe Verge)。

 BASIC言語はニューハンプシャー州のダートマス大学で故ジョン・ケメニー氏とトーマス・カーツ氏により開発された(ダートマスBASIC)。州道の歴史案内板設置は誰でも提案できるため、昨年8月時点で255か所に設置されていた歴史案内板にギークさが足りないと考えたConcord Monitorのデビッド・ブルックス氏がダートマス大学やカーツ氏の賛同を得て提案したという。提案時の計画では並行して開発されたオペレーティングシステムDTSS(Dartmouth Time-Sharing System)の併記も含んでいたが、記載可能な文字数が限られるとしてBASICのみの歴史案内板となったとのこと。

 歴史案内板は「BASIC:初のユーザーフレンドリーなコンピュータープログラミング言語」と題し、1964年にケメニー氏とカーツ氏がBASICを開発したことや、のちにパーソナルコンピューターの時代になって人気を獲得して世界中でプログラミングを学ぶ標準的な方法になったこと、現在もBASIC系統のプログラミング言語が使われていることが記載されている。

 現在のところ州の歴史案内板リストにBASICは記載されていないが、設置場所はダートマス大学の南東、州道120号(レバノンストリート)にあるTrumbull Nelsonの施設とHanover Public Worksの中間地点だという。大学から2kmほど離れたこの場所が選ばれたのは、歴史案内板は州道に設置する必要があり、大学周辺は大学やハノーバー市の道路になっているためとのことだ。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | デベロッパー

 関連ストーリー:
6月のTIOBE IndexでPythonのレーティングが過去最高を更新 2019年06月14日
ソースコードのないPC-9801プログラムの仕様解析、その後 2018年01月04日
ベーマガ関係者によるトークイベント「ALL ABOUT マイコンBASICマガジン」、2回目開催へ 2017年10月12日
開発者に嫌われているプログラミング言語トップはVB6 2017年03月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 原始惑星系円盤内でガスが滝のように流れる様子の想像図 (c) NRAO / AUI / NSF, S. Dagnello.
  • 雪道の安全運転にはタイヤチェーンが大切である。
  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース