ATOKの「単文節変換」、使いづらくなっているか

2019年6月18日 19:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本語変換ソフトウェア「ATOK」は近年でも定期的にアップデートが行われているが、PC/ガジェット系ライターとして知られるスタパ齋藤氏が、最近ATOKでは「単文節変換」ばかりするユーザーにとっては使いにくくなってきたと指摘している(ケータイWatch)。

 日本語入力の際に、文節ごとに変換を行うのは「単文節変換」、ある程度の長さの文章(複数の文節から構成される文章)を入力してからまとめて変換を行うのは「連文節変換」と呼ばれるが、氏によると『最近のATOKは、単文節変換をすると「常識的でない漢字変換を行う」というのが筆者の印象』だという。

 また、最近のATOKでは入力文字数や入力ミス数を表示する機能があるが、これについても「ATOKのせいでイラついて入力したから入力効率落ちたんだから!」と思ってしまうという。さらに、「不快語は絶対変換させない方向」といった方針についても「プロ用ツールとしては自由度が低い」としている。その結果、氏はGoogle日本語入力に切り替えたそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア

 関連ストーリー:
「間違った読み方」が一般化した漢字 2018年09月11日
ATOK最新版は月額課金でのみ提供へ 2017年12月07日
「フラワータッチ入力」に対応したATOK for iOS新版リリース 2016年03月30日
ATOK 2016発表、ホームポジションからうっかりずれた状態で入力した文字も訂正可能に 2015年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。