市の要請で熊を駆除したハンター、市街地で発砲したとして銃所持許可取消に

2019年6月17日 21:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 北海道砂川市で市の依頼を受けて警察の立ち会いの下でライフル銃で熊を駆除したハンターが、公安委員会の許可なしに発砲したなどとして鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、その後ライフル銃の所持許可を取り消されるという事件が起きていたそうだ(FNN PRIME)。警察側は現場で発砲を同意した事実はないと主張しているという。

 砂川市では熊の目撃情報が多数寄せられているとのことだが、これを受けてハンターらは熊の駆除に協力するべきでないのではないか、といった声が出ている(Togetterまとめ)。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 政府

 関連ストーリー:
ドブネズミ駆除の目的で放たれたオポッサム、あらたな害獣問題に発展 2010年09月22日
利根川の堤防でキツネの巣穴が見つかる、決壊の原因になる危険性があるため埋め戻しへ 2016年07月27日
野生動物による農作物被害対策としてオオカミ型ロボットが導入される 2017年11月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース