クオールホールディングス 2019年5月マンスリーレポートを発表、処方箋応需枚数、調剤報酬ともに堅調に増加

2019年6月17日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:42JST クオールホールディングス---2019年5月マンスリーレポートを発表、処方箋応需枚数、調剤報酬ともに堅調に増加
クオールホールディングス<3034>は14日、2019年5月の調剤報酬および処方箋応需枚数動向を発表した。

2019年5月単月の調剤報酬は前年同月比13.8%増。処方箋応需枚数は7.8%増。

昨年度と今年度4月に実施したM&Aが寄与したこと、技術料が前月に引き続き順調に改善したことにより処方箋応需枚数、調剤報酬ともに増加した。
6月14日時点のグループ合計出店数は792店舗(うち売店21店舗)を記録している。《SF》

広告

財経アクセスランキング