自宅サーバーでTwitter連携サービス運営の開発者、利用者の投稿で家宅捜索

2019年6月13日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 自宅サーバーでTwitterと連携するサービスを運営していたところ、不適切な投稿を行ったとして神奈川県警による家宅捜索を受けたという話がQiitaに投稿されている

 問題のサービスは「類似画像/画像転載を見つけるやつ - TwiGaTen」というもので、画像付きのTweetを収集して似た画像を収集・表示するというサービス。このサービスにTwitterアカウントを連携すると、そのユーザーがTwitterに投稿した画像に似ている画像を確認できる。

 Twitter連携サービスを利用する場合、Twitter側のログイン履歴にそのサービスのIPアドレスが記録されることがあるという。このサービスの開発者は「想定される経緯」として、このサービスと連携したTwitterユーザーが不適切な画像を投稿したことが警察に見つかり、警察がログイン履歴を調査した結果このサービスのIPアドレスが残っていたために家宅捜索につながったのではないかとしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | Twitter | インターネット | IT

 関連ストーリー:
兵庫県警による「無限Alert」摘発事件に対する支援金寄付募集、1日で700万円近くが集まり終了 2019年03月26日
サイトにCoinhiveを設置していたサイト管理者、不正指令電磁的記録取得・保管罪で摘発される 2018年06月12日
神奈川県警が犯罪発生をAIで予測するシステム導入、2020年頃に試験運用目指す 2018年01月31日
チケット詐欺で誤認逮捕、誤認逮捕された女性に成りすましていた真犯人は中学三年生 2017年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter

広告