カナモトの19年10月期第2四半期は、堅調に推移し、増収増益

2019年6月10日 07:21

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 建機レンタルの最大手であるカナモト<9678>(東1)の19年10月期第2四半期は、堅調に推移し、増収増益であった。

 同社は、この5年間で単体では29拠点を新設、M&Aや業務提携によりアライアンスグループの拠点数も157拠点増加させるなど国内営業基盤の拡充を進め、海外事業も7カ国に拠点展開を行うとともに、昨年導入した新システムを活用したレンタル用資産の適正配置と業務の省力化及び効率化による稼働率の向上等、持続可能な成長基盤の構築をグループ一丸となって取り組んでいる。

 今期第2四半期間中は、主力事業である建設関連については、東北の復興需要は減少傾向にあるが、東京五輪関連のインフラ整備や再開発事業など、大型プロジェクトが計画されている大都市圏や、北海道、九州、西日本の災害復旧・復 興工事も本格化しており、全体を通じて建設機械のレンタル需要は底堅く推移した。

 その結果、第2四半期連結業績は、売上高918億56百万円(前年同期比7.6%増)、営業利益112億66百万円(同2.5%増)、経常利益115億11百万円(同3.2%増)、純利益72億55百万円(同7.7%増)となった。

 建設関連事業の売上高は826億02百万円(同7.6%増)、営業利益は105億50百万円(同1.9%増)。

 その他の事業は、鉄鋼関連、情報通信関連、福祉関連ともに堅調に推移したことから、売上高は92億53百万円(同8.0%増)、営業利益は5億05百万円(同13.7%増)。

 以上のように第2四半期は増収増益と順調に推移していることから、通期業績予想は当初予想を据え置いている。

 そこで、進捗率を調べると、売上高52.3%(前期50.7%)、営業利益61.2%(同62.5%)、経常利益61.6%(同62.2%)、純利益60.5%(同56.8%)となっていることから、ほぼ計画通りで推移していると思われる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告