バーチャルイベントサービス「cluster」、VRイベントのアーカイブ機能搭載

2019年6月5日 17:54

小

中

大

印刷

 バーチャルキャラクターとなり、VR空間で人が集まるバーチャルイベントを行うことができるサービス「cluster」を開発・提供しているクラスター(東京都品川区)は、cluster内で開催されたVRイベントを何度も体験できるアーカイブ機能を正式にリリースした。同社によると、このアーカイブ機能は世界初の試みという。

【こちらも】AIがアイドル生成のゲーム「Gene A.I.dols」 新会社設立し5月にベーターリリース

 clusterは、誰でも簡単にバーチャル上で、音楽ライブやカンファレンスなどのイベントを行うことができるVRアプリ。同時に数千人規模の人とつながるため、そのバーチャル上での強烈な熱狂体験が話題となっている。

 今回、そのバーチャル空間での興奮を、いつでも何度でも体験できるように、「アーカイブ機能」を追加。これにより、好きなときに好きな場所でお気に入りシーンを何度も見返したり、一時停止して「瞬間」を自由に楽しんだりできるようになる。

 イベントにリアルタイムで参加できなかったとしても、この機能を使うことにより、同じ体験を共有できる。先行してβ版を公開した後、Twitter上で募集した意見や感想を元にアップデートを重ね、5日に正式なリリースとなった。

 現在アーカイブで公開されているのは、4月30日に開催された「さよなら平成カウントダウンライブ UNiON WAVE - clear -」や、3月24日に開催された「朝ノ瑠璃VRライブ in cluster」などとなっている。

関連キーワードVR

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース