SNS映えを目指す東京五輪の聖火リレー

2019年6月5日 10:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日、五輪会場、観客は録画・録音できるがSNSなどへの投稿は禁止という話題があったが、一方で聖火リレーについては「SNS映え」する演出が盛り込まれるという(朝日新聞)。

 国際オリンピック委員会(IOC)は「若者の五輪離れ」対策として、「SNS映え」するような場所や演出を組織委に求めていたそうだ。発表されたルートでは全国40市町を回るものとなり、世界遺産や景勝地・名所、震災の被災地などがルートに組み込まれているという(日経新聞)。また、リレーの行列はスポンサーのロゴが入ったトラックが大音量の音楽で先導する大規模なものになるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | スポーツ | IT | SNS

 関連ストーリー:
五輪会場、観客は録画・録音できるがSNSなどへの投稿は禁止 2019年05月28日
五輪の暑さ対策、東京都が「かぶる傘」を試作 2019年05月28日
五輪チケットの抽選申し込み開始、申込みサイトがアクセス集中で繋がりにくくなる 2019年05月10日
五輪ボランティア応募フォームが難解だと話題に 2018年09月28日
東京五輪のサマータイム、導入断念へ 2018年09月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事