ヤマダのECサイトが不正アクセスで改ざん クレジット情報最大3.7万件流出も

2019年5月31日 22:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 家電量販店大手のヤマダ電機が、同社のネットショッピングサイトに不正アクセスがあり顧客の情報が漏洩したとの発表を行った

 これによると、不正アクセスによって決済アプリケーションが改ざんされており、3月18日から4月26日の間に同サイトに登録されたクレジットカードの情報が流出した可能性があるという。流出した可能性があるクレジットカード情報はクレジットカード番号および有効期限、セキュリティコード最大37832件とのこと。

 同サイトではセキュリティコードの保存は行っていなかったが、アプリケーションの改ざんによって顧客が入力した情報が抜き取られてしまったようだ(Yahoo!ニュース)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | 情報漏洩

 関連ストーリー:
PayPayの「セキュリティコード」入力し放題問題、実際に多数の試行があったのは13件 2018年12月30日
ネット通販のクレジット決済でセキュリティコードを間違えても決済できるという話 2018年12月20日
Apache Struts 2の脆弱性により、都税支払いサイト等から約72万件のクレジットカード番号が流出か 2017年03月11日
印刷通販を手がけるグラフィック、クレジットカード情報を流出させる 2016年09月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクレジットカードヤマダ電機

広告