PCの販売台数が伸び悩む中Lenovoは好調

2019年5月28日 09:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 世界的にPCの販売台数は減少傾向にあるが、そんななかでLenovoのPC事業は伸びているという(日経新聞ダイアモンド・オンライン)。

 Lenovoの2019年1~3月期売上高は前年同期比で10%増と好調。法人向けPCの買い換えサイクルに合致したほか、薄型ノートPCやゲーミングPCなどの高額商品に注力したのが好調な理由だという。

 また、同社はサーバー向けに月額払い方式でハードウェアを利用できるサービスも開始。顧客のデータセンター内に設置したハードウェアを、その利用状況に応じた料金で支払えるというサービスで、ハードウェアの保守をLenovoがすべて請け負うのが特徴だという(ASCII.jp)。

 一方で、Lenovoの売上の3分の1近くは米国からのものだそうで、米中貿易摩擦の影響を受ける可能性もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
2019年第1四半期のPC出荷台数、全体では前年割れする一方でLenovoとDellは引き続き増加 2019年04月14日
CPU品不足と米中貿易戦争の影響で2018年第4四半期のPC出荷台数が減少 2019年01月13日
Microsoft、米国で第5位のPCベンダーになる 2018年10月13日
Lenovo幹部、中国向け製品にバックドアがあることを示唆 2018年09月21日
2018年第1四半期のPC出荷台数、Gartnerは1.4%減、IDCは横ばいと推計 2018年04月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLenovo

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース