PayPayのクレジットカード不正利用率、大きく改善

2019年5月27日 21:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

h-harry曰く、 流出したクレジットカード番号がPayPay経由で使われる懸念が出ていたPayPayだが、去年12月の「100億円あげちゃうキャンペーン」時に0.996%あった不正利用率が、「3Dセキュア」導入後は0.003%に改善され、現在行っている「第2弾100億円キャンペーン」では0.0004%になったようだ(PayPayの発表ITmedia)。

 当初の不正利用率が1%近くだったことは驚愕の事実で、カード会社が利用額を全社合計で5万円にするのは当然だったと思われる。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | IT | お金

 関連ストーリー:
PayPayで支払い時にログアウトに気付き、再ログインできないという問題に不満の声 2019年02月25日
PayPayの「セキュリティコード」入力し放題問題、実際に多数の試行があったのは13件 2018年12月30日
流出したクレジットカード番号がPayPay経由で使われる懸念 2018年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードPayPay

広告