日経平均は3日ぶり反発、売買4年ぶり低水準で伸び悩み

2019年5月27日 15:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:48JST 日経平均は3日ぶり反発、売買4年ぶり低水準で伸び悩み
日経平均は3日ぶり反発。24日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反発し、95ドル高となった。トランプ大統領の発言を受け、米中対立への過度な懸念が和らいだ。週明けの東京市場では米株高を好感した買いが先行し、日経平均は31円高からスタートすると、朝方には21232.38円(前週末比115.16円高)まで上昇する場面があった。しかし本日の米英市場が休場であることに加え、日米首脳会談後の記者会見の内容を見極めたいとの思惑もあり、売買低調で日経平均は伸び悩んだ。

大引けの日経平均は前週末比65.36円高の21182.58円となった。東証1部の売買高は9億0164万株、売買代金は1兆4713億円だった。売買代金はおよそ4年5カ月ぶりの低水準となった。業種別では、鉱業、電気・ガス業、石油・石炭製品が上昇率上位だった。一方、水産・農林業、パルプ・紙、繊維製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の60%、対して値下がり銘柄は34%となった。

個別では、日経平均寄与度の大きいソフトバンクG<9984>やファーストリテ<9983>のほか、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、東エレク<8035>などが堅調。村田製<6981>や武田薬<4502>は2%超上昇した。一部証券会社の高レーティングが観測された銘柄ではNEC<6701>が3%高、ウエルシアHD<3141>が5%超高。新中期経営計画が好材料視された日立物流<9086>や、見直し機運が高まった千代化建<6366>も上げが目立った。またTATERU<1435>が東証1部上昇率トップとなり、北の達人<2930>は化粧品のヒットでストップ高を付けた。一方、任天堂<7974>やファナック<69564>が軟調で、ZOZO<3092>は4%近い下落となった。レーティング引き下げ観測のルネサス<6723>や住友大阪<5232>もさえない。また、DDHD<3073>やCOOKPAD<2193>が東証1部下落率上位に顔を出した。《HK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース