最大5Gbpsの転送速度、手の平サイズのUSB-Cマルチハブ発売 ベルキン

2019年5月27日 11:33

小

中

大

印刷

利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)

利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「USB-Cマルチメディアハブ」

 ベルキンは、最大5Gbpsまでのデータ転送速度を持ち、HDMIやSDカードを含む5つのポートを備えた「USB-Cマルチメディアハブ」を5月31日に全国の家電量販店およびオンラインストアで販売を開始する。想定価格は9,980円(税別)。

【こちらも】Android搭載、手の上に乗るミニHDプロジェクター「PIQO」登場

 本製品は縦5.3cm×横12.3cm×高さ1.6cmのコンパクトなデザインが特徴だ。手の平サイズだが十分な転送スピードを持ち、デバイス間の遅延に悩まされることはない。ポート数もUSB-Aが2個の他、USB-C、HDMI、イーサネット、SDカードポートが備わっている。HDMIは4K出力に対応。

 USB-C搭載のパソコンであればこの1台でポート数の不足はほぼ解決できるアイテムだ。さらに最大60Wのパススルー充電機能が搭載されているため、USB-C端子が1つしかないパソコンでも常に充電が可能になっている。

 この「USB-Cマルチメディアハブ」は、最大28万円の条件付き接続機器保証対象製品となっている。もし正しく接続されているにもかかわらず、サージ電圧、スパイク、落雷によって本製品に損傷が起きると、28万円を上限に修理か交換をしてくれるサービスだ。

 現時点で販売される家電量販店やオンラインストアの情報などは公開されていないが、Amazonにて予約注文が可能となっている。USB-Cポート搭載のパソコンを持っている人でハブを探している人は、持ち運びにも便利でドッキングステーション並の性能を持つこの製品を検討してみよう。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース