Facebook、一部ユーザーは顔認識機能のオプトアウトできずか

2019年5月24日 20:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 Facebookにはアップロードした写真から人物を認識してタグ付けする顔認識機能が実装されている。この機能はデフォルトで有効にされているものの、オプトアウト(利用拒否)もできるとされる。ところが消費者団体Consumer Reportsの調査によると、すべてのユーザーがオプトアウトできるわけではないという。調査によると、米国では31人中8人、約25%のアカウントに顔認識に関連する設定がないことが見つかった(The Daily DotSlashdot)。

 Consumer Reportsのテストの責任者であるBobby Richter氏によると、現時点では少数のアカウントでしか調査していないため断言はできないものの、広い範囲で同様の問題が起きているのではないかと考えられるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Facebook | プライバシ

 関連ストーリー:
日本のFacebook利用率は世界で下から4位、Twitter利用率は世界2位 2019年05月16日
Facebookの自殺防止ツールは実際に役に立っているのか、研究者から疑問の声 2019年05月09日
Facebook、最大150万人のユーザーからサインアップ時に連絡先情報を無断収集していたことを認める 2019年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook

広告