オランダの通信大手が採用したHuawei製品にバックドアが存在か

2019年5月23日 23:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 オランダ当局が、Huaweiの端末にバックドアが存在する疑いがあるとして調査を開始したとの報道が出ている(Forbes JAPAN)。

 これによると、オランダの大手通信キャリアが採用しているHuawei製品にバックドアがあり、これを使ってデータを収集していたという疑いがあるという。また、イタリアでもボーダフォンが2011年から2012年に採用したHuawei製品にバックドアが見つかったとの報道があったが、これについてボーダフォン側は単なるセキュリティ上の欠陥だとしている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯通信

 関連ストーリー:
IntelやQualcomm、Xilinx、BroadcomがHuaweiへの部品供給を停止 2019年05月21日
Google、Huawei端末に対するGoogle公式アプリやGoogle Playの提供を停止へ 2019年05月20日
米政府、HUAWEIを輸出規制リストに追加。米製部品の調達が不可能に 2019年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオランダバックドアファーウェイ(Huawei)

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース