ライフ RSS

 

九州と沖縄で白血病ウイルスに感染する男性が増加

2019年5月22日 13:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

pongchang曰く、 九州と沖縄で、白血病ウイルス(HTLV-1、ヒトT細胞白血病ウイルス-I型)に感染する男性が大きく増えていたという(日経新聞)。

 1991~95年生まれの男性で10万人年あたり20例強で、同年代の女性が5例を切っているのに対して、著明に多い(第13回HTLV-1対策推進協議会)。

 HTLV-1の主な感染経路は母子感染と性行為感染。精液を膣に注ぎ込まれるので教科書的には女性に男性が感染させると書いてある。50歳以上では女性の保因者が多い。一方で注ぎ込まれないはずの男性は母乳などの母子感染や注射などの医原性が主と教えられることが多かったが、時代は変わりつつある。

 小児期に感染すると白血病を発症する以外に、成人感染例ではHAM:HTLV-1関連脊髄症(HTLV-1 associated myelopathy)やぶどう膜炎などがある(HTLV-1情報サービス

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
ノバルティスのガン治療新薬「キムリア」、保険適用が決まる。1回分で3,349万円 2019年05月16日
エボラウイルス、性的接触での感染が初確認 2015年10月29日
エボラ完治後、しばらくは精液中にウイルスが残る可能性 2014年11月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード沖縄県

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース