ユニクロやGUに不正ログイン、住所など流出の可能性

2019年5月21日 20:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 やや旧聞となるが、衣料品店「ユニクロ」や「GU」を手がけるファーストリテイリングが、同社の通販サイトに不正アクセスがあったことを明らかにした毎日新聞INTERNET Watch日経xTECH)。

 他のサービスなどから流出したID・パスワードのリストを使ってログインを試みる、いわゆる「リスト型攻撃」によって不正ログインを試みるという手法で、攻撃は4月23日から5月10日にかけて行われたという。顧客からの問い合わせで発覚した。不正ログインによって氏名や住所、クレジットカード番号の一部といった登録情報が閲覧された可能性があるという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 情報漏洩

 関連ストーリー:
半田ごてメーカー白光のECサイトで個人情報漏洩、個人情報が含まれたファイルが外部から見える状態だった? 2019年04月01日
意図的に間違ったID/パスワードを入力し、他のユーザーがログインできなくなるようにする嫌がらせ 2019年02月06日
宅ふぁいる便、ユーザーのメールアドレスやパスワードなど約480万件が漏洩 2019年01月26日
仮想通貨取引所Zaif、不正アクセスで約67億円相当の仮想通貨を流出させる 2018年09月21日
産総研が不正アクセス被害の調査報告書を公開、2要素認証はやはり効果的 2018年08月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードユニクロファーストリテイリング