Google、アプリなどに新しいプライバシー機能設定項目を追加

2019年5月20日 20:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Googleは先日利用者のプライバシ保護強化に関する発表を行ったが(朝日新聞)、これに関する詳しい情報がGoogle Japan Blogにて公開された。ただ、うまく言葉が選ばれていて「あなたのアカウントから削除」という表現がブログ記事で使われている。

 つまりアカウントからは削除されるが、完全にグーグルのデータベースから削除するとは書かれていない。アカウントに関連付けされない状態でグーグルが永久保存している可能性があるトラップ。やっぱ信用ならないわ。

 発表内容としては、プライバシ設定画面を「見つけやすく、使いやすい」ように改善したほか、履歴をブラウザやデバイスに保存しない「シークレットモード」をブラウザ以外にも導入するとしている。一方でこうした対策に対しては「ユーザーへの責任転嫁」という指摘も出ている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | YRO | IT

 関連ストーリー:
Google、Android Q Beta 1を公開 2019年03月16日
テクノロジー企業にユーザーのセキュリティとプライバシーを強化するよう求めるEFFのキャンペーン 2019年03月03日
Google曰く、昨年Google Playで登録申請を却下したアプリは前年比55%増 2019年02月17日
複数のスマホアプリがユーザーに無断でFacebookに情報を送信していたとの指摘 2019年01月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

広告