ライフ RSS

 

民間試験一部採用される大学入学共通テストの英語、採点基準の違いに懸念

2019年5月20日 20:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 再来年から開始される「大学入学共通テスト」の英語科目では民間による試験が一部導入されるが(河合塾)、試験を行う業者によって採点基準が変わる可能性が懸念されている(NHK)。

 NHKによると、民間試験を実施する7つの事業者は、それぞれ採点者の基準やその公表方針が大きく違うという。さらに、それぞれの試験で異なるスコアを公平に平準化できるかどうかについても課題があるそうだ。

 スラドのコメントを読む | 教育

 関連ストーリー:
早稲田大学政治経済学部、2021年度より入試で数学ⅠAを必須に 2018年06月12日
政府、大学入試の共通試験科目に「情報」を追加する方針を表明 2018年05月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース