国際 RSS

 

米サンフランシスコ市、警察など公的機関での顔認証技術の使用を禁止

2019年5月20日 20:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米サンフランシスコ市で、警察など公共機関に対し顔認証技術の使用を禁じる条例案が可決された(BBC朝日新聞ウォール・ストリート・ジャーナル)。

 米国ではすでに法執行機関が顔認識を活用しているほか(過去記事)、コンサート会場においてストーカーを検出するために顔認識技術が使われていた事例もある(過去記事)。

 サンフランシスコ市が顔認証技術を禁じた理由として、「恩恵よりも市民の権利や自由を侵すおそれのほうが大きい」ことが挙げられている。企業や連邦政府は対象外。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
大阪メトロ、顔認証で改札を通れるシステムを導入へ 2019年04月24日
中国の汚職撲滅AIシステム、取り締り能力が高すぎてお蔵入りか 2019年02月19日
米人気歌手テイラー・スウィフトのコンサート会場でテロ対策用の顔認証システムが使われる 2018年12月21日
Amazonのリアルタイム顔認識システムを米警察が利用。Amazonが積極的に営業か 2018年05月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードサンフランシスコ

広告