NY原油:小幅続伸で62.02ドル、欧州輸入車への関税導入延期を好感

2019年5月16日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:小幅続伸で62.02ドル、欧州輸入車への関税導入延期を好感
NY原油先物6月限は小幅続伸(NYMEX原油6月限終値:62.02 ↑0.24)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.24ドルの62.02ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは60.85ドル−62.34ドル。米エネルギー情報局(EIA)が公表した週間在庫統計で原油在庫は大幅増となったが、トランプ大統領は、欧州輸入車に対する関税実施を6か月延期する意向を示したことから、原油需要増大の思惑が広がり、原油先物は反転した。米中首脳会談開催への期待は残されていることも買い材料となったようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース