米中合意への道筋は不明瞭か

2019年5月15日 15:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:00JST 米中合意への道筋は不明瞭か
 トランプ米大統領は中国との貿易合意は近いとの考えを示したことから、14日の米国株式は反発した。中国の外務省報道官は定例会見で「中国と米国は関連協議を引き続き進めることで合意している」との見解を表明したことも好感されたようだ。

 ただ、一部の市場参加者は「中国政府が様々な種類の補助金を交付していることを問題視している限り、米中協議での合意形成は容易なことではない」と指摘している。「似たような制度は米国を含めて他にも存在している」、「中国だけを問題視する米国の態度は不自然」との声も聞かれている。株式市場関係者は米中首脳会談の開催に期待を寄せているが、閣僚級による事前協議がより重要であり、最終的な合意形成について楽観視できない状況が続くとみられる。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース