仁徳天皇陵、世界遺産登録へ 文化庁が勧告

2019年5月15日 13:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 大阪府の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)を含む「百舌鳥・古市古墳群」について、文化庁が世界文化遺産に登録するよう勧告を行った。ユネスコの世界遺産委員会で登録が決定される見通しだという(時事通信)。

 いや正直、学問的現地調査も行えず、その正当性にも疑問のある公称「天皇陵」が、世界遺産に通るとはタレコミ子は思わなかった。ただし「天皇陵」扱いされたから破壊されなかったということはあるかもしれない。

 なおタレコミ子の住居近傍の古墳群は、後代の河川氾濫と農地化でほとんどど失われたと聞く。

 スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
宮内庁、堺市と共同で大山古墳(仁徳天皇陵)の発掘調査を開始へ 2018年10月16日
米国、ユネスコ脱退を表明 2017年10月14日
「明治日本の産業革命遺産」、世界遺産に登録決定 2015年07月07日
環境保護団体グリーンピース、抗議活動のためにナスカの地上絵を損壊 2014年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。