Core iシリーズが品薄、秋葉原自作PCショップでRyzenの売り上げ増加

2019年5月15日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年の自作PC界隈ではIntel CPUの品薄が目立ったが(AKIBA PC Hotline!)、今年に入ってもその傾向は続いているという(ITmediaの4月の記事)。そのため、最近ではAMDのRyzenシリーズの売り上げが増えているそうだ(ITmedia)。

 Ryzenはもともとコストパフォーマンスが高かったが、昨今ではRyzen用のマザーボードの選択肢も増えており、品薄でCore iシリーズの選択肢が狭まっているという状況のため代わりにRyzenを選ぶ人が増えているという。「連休以後のIntel対AMD比率は6:4前後と答えるショップが多い」とのことで、店によってはRyzenの方が人気のところもあるようだ。

 スラドのコメントを読む | AMD

 関連ストーリー:
AMD、2018年はRyzen/EPYCとDC向けGPUで黒字転換 2019年02月05日
将棋の藤井聡太棋士はAMD Ryzen 7 1800Xユーザー 2018年12月04日
Core i9-9900Kのベンチマーク解禁、性能面ではRyzen 7最上位モデルを圧倒 2018年10月22日
レノボ、Ryzen PRO搭載ThinkPadを発売 2018年09月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel秋葉原

広告