macOS Mojave 10.14.5やiOS 12.3、「令和」をサポート

2019年5月15日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 5月14日にリリースされたmacOS Mojave 10.14.5で和暦表示での「令和」年号サポートが追加されたとのこと(ITmedia)。暦法で「和暦」を選択すると、2019年5月1日より元号として「令和」が使われる。

 一方で、現在もセキュリティアップデートがリリースされているmacOS 10.13(High Sierra)および10.12(Sierra)向けについては今のところ「令和」サポートは行われていないようだ(AAPL Ch.)。

 また、iOSについても同じく5月14日にリリースされたiOS 12.3で「令和」がサポートされた(AV Watch)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | MacOSX | アップル | iOS

 関連ストーリー:
Windows向けの「令和」元号対応に向けた更新プログラム、一部アプリで不具合が確認される 2019年05月07日
今日から令和 2019年05月01日
Microsoft、新元号「令和」対応のための更新プログラムをオプション扱いで配信開始 2019年04月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSiOS 12

広告

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース