Android Oreo、最も多く使われているAndroidバージョンに Pieは10%超える

2019年5月11日 21:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

GoogleがAndroid Developersサイトで半年ぶりに更新したプラットフォームバージョンごとのデータによると、Android 9 Pieのシェアが10%を超えている。

今回のデータはPlayストアアプリが5月7日までの7日間に収集したもので、0.1%未満のバージョンは除外されている。昨年10月26日までの7日間に収集された前回のデータでAndroid 9 Pieは0.1%に到達していなかったが、今回は10.4%となっている。このほか、半年間で大きく増加したのはAndroid 8.1 Oreoのみで、7.9ポイント増加して15.4%となった。Android 8.0 Oreoは1.1ポイント減の12.9%。Oreo合計では6.8ポイント減の28.3%となり、最も多く使われているAndroidバージョンとなった。

一方、Android 7.x Nougat(19.2%)とAndroid 6.0 Marshmallow(16.9%)は大きくシェアを減らして20%を割り込んでおり、Android 5.x Lollipopも14.5%まで減少している。このほかのバージョンは半年間での変動は小さく、Android 4.4 KitKatは0.7ポイント減(6.9%)、Android 4.1.x~4.3 Jelly Beanは0.2ポイント増(3.2%)、Android 4.0.x Ice Cream Sandwichは増減なし(0.3%)、Android 2.3.x Gingerbreadは0.1ポイント増(0.3%)となっている。

Pieは昨年8月6日のリリースから9か月間で10%を超えたことになる。10%を超えるまでのペースとしてはLollipopMarshmallowよりは遅いものの、NougatOreoよりも速くなっている。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | 統計 | デベロッパー | Android

 関連ストーリー:
Android Q Beta 3提供開始、対応デバイスが21モデルに増加 2019年05月10日
Android OreoのシェアがMarshmallowを超える 2018年10月30日
Android Pは「Pie」 2018年08月08日
<

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidAndroid 7.0/7.1 NougatAndroid OreoAndroid 9 Pie

広告