店員の魅力で居酒屋を選ぶアプリ「terip」、β版リリース Curious

2019年5月3日 05:46

小

中

大

印刷

「terip」のサービスイメージ。(Curious発表資料より)

「terip」のサービスイメージ。(Curious発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 Curious(東京都世田谷区)は、店員基準で居酒屋を決めることができる新機軸のアプリ「terip(テリップ)」のβ版をリリースした。これまでは料理やお酒の種類、立地や支払い方法などが居酒屋選びの重要なポイントとなっていたが、同アプリでは「働いている店員さん」にフォーカスして居酒屋を選ぶことができると言う。

【こちらも】カタリベ、専門知識不要の店舗向けCMS「店舗 Katari PRESS」発表

 グルメポータルと言えば、食べログやぐるなび、ホットペッパーグルメにRettyといったサイトが有名だ。おそらく、誰でも一度は利用したことがあるのではないだろうか。これらのサイト経由で居酒屋を選び、実際に訪れてみた結果、食事の内容には満足できたが、店員の対応に不満を感じたことのあるユーザーは少なくないかもしれない。

 「terip」は、そうした「店員さんとのアンマッチ」を避けることができる提案を行う。味と価格は各社とも力を入れている中、お気に入りの1店を選ぶ時に店員の魅力が占める割合も大きいのではないだろうか。teripは、マンネリ化しつつあるグルメポータル界隈に新しい基準を持ち込んだ新機軸のサービスということになる。ユーザーにとっては味や価格以外の、お店の雰囲気という新しいファクターから居酒屋を選ぶことができ、店員と仲良くなるきっかけを掴むこともできるだろう。

 店員との距離を縮めて常連になることは、居酒屋の基本的な楽しみ方の1つだ。また店員側としても、自分の働きぶりを来店客に直接評価してもらえるようになるため、仕事に対する自分の頑張りが見える化され、より生き生きと働くことができるようになるだろう。店舗の立地が多少悪かったとしても、今までにない視点でお店を見つけてもらえるため、新規の顧客を集めるきっかけにもなる。

 現時点でアプリに実装されている機能は、「店員さんを探す」「予約する」「コメントする」の3つのみだ。今後は店員へ「いいね」を贈れるようにし、いいねの数に応じて商品やお金が店員に還元される仕組みを実現する予定。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース