米国株見通し:一部決算に失望や中国PMI低下を懸念

2019年4月30日 18:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:36JST 米国株見通し:一部決算に失望や中国PMI低下を懸念
S&P500先物  2941.50(- 1.50) (18:15現在)
ナスダック100先物  7800.00(-13.75) (18:15現在)


 18時15分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小安く推移。NYダウ先物は10ドル高程度で推移している。欧州株式市場はほぼ全面安。時間外取引のNY原油先物は前日比0.40ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、30日の米株式市場は売り優勢気味に始まりそうだ。


 前日のマーケット終了後に発表されたアルファベットの1-3月期決算は、一株利益は予想を上振れたものの、売上高が下振れたことが改めて材料視されよう。また、本日発表の中国官民の4月製造業PMIが予想外に低下したことも懸念され、市場心理はあまりよろしくないとみられる。NY原油先物は、協調減産延長の思惑などから買い優勢の展開が見込まれる。


 本日発表となる米経済指標は、4月シカゴ購買部協会景気指数や4月消費者信頼感指数など。シカゴPMIはほぼ前月並みだが、消費者信頼感指数は反発が予想され、株式市場にはややポジティブな材料になる可能性がある。決算発表は、TモバイルUS、アップル、ファイザー、マスターカード、ゼネラル・エレクトリック、ゼネラル・モーターズ、マクドナルドなどが予定されている。《KK》

広告