欧州フォード、自動ブレーキ機能を搭載したショッピングカートを開発

2019年4月28日 22:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Ford Europeでは自動車に搭載される技術を応用したノイズキャンセリング機能搭載犬小屋カップル用安眠ベッドを開発しているが、今度は自動ブレーキ搭載ショッピングカートのプロトタイプを発表した(Ford Europeのブログ記事The Registerの記事SlashGearの記事動画)。

スーパーマーケットなどでの買い物中にショッピングカートを押したがる子供も多いと思われるが、スピードを出して走り回ると危険だ。ショッピングカートが重い場合、子供の体重では止めようとしても止まらないことがある。

このショッピングカートはFord車が搭載する衝突回避用の自動ブレーキアシスト機能を応用したもので、センサーで前方の人や物を検出して衝突の危険があると判断した場合に自動でブレーキをかける仕組みになっている。これにより、子供がショッピングカートを押す場合の危険を低減できるほか、坂道で勝手に動き出した場合などにも衝突前に停止するようだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | テクノロジー | idle | 交通

 関連ストーリー:
Ford Europe、カップルの安眠を保つベッド「Lane-Keeping Bed」を開発 2019年02月16日
Ford Europe、シートの耐久性テストロボット「Robutt」に発汗機能を追加 2019年01月14日
Ford Europe、ノイズキャンセリング機能を搭載した犬小屋を発表 2018年12月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフォード

広告

財経アクセスランキング