北海道夕張市の石炭博物館で火災発生、坑道にある石炭が燃焼か

2019年4月23日 22:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 北海道夕張市の石炭博物館では、実際に石炭採掘に使われていた坑道を「模擬坑道」として展示しているが、4月18日、この模擬坑道内の石炭層に着火して火事が発生したという(朝日新聞NHK)。

 坑道内を注水して冠水させる処置が行われ、火災は収束に向かっているとのことだが、火災発生から3日が経過した22日時点でも燃焼が続いている可能性があるという(北海道新聞北海道新聞の続報)。

 石炭博物館は1980年にオープン、昨年にはおよそ5億円をかけて改修していた。18日には坑道内で溶接作業が行われていたという。

 スラドのコメントを読む | ニュース

 関連ストーリー:
石炭火力発電からの撤退・廃止が相次ぐ。ドイツ2038年までに全廃、日本でも新設計画転換へ 2019年02月01日
太陽電池パネルを設置する米国の炭鉱博物館 2017年04月16日
関西電力が関東進出、千葉県に石炭火力発電所を建設へ 2015年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道