令和のウルトラマンはタロウの息子!? 『タイガ』7月に放送

2019年4月20日 13:25

小

中

大

印刷

 新元号「令和」最初のウルトラマンが、『ウルトラマンタロウ』の息子『ウルトラマンタイガ』であると発表された。昭和ウルトラマンである「タロウ」に「タイガ」という息子がいたことで、SNSなどを中心に大きな話題となっている。

【こちらも】エイプリルフールネタが現実に!? 平成最後の仮面ライダー『ブレン』製作決定

 また今回の『ウルトラマンタイガ』は表題の「タイガ」以外にも、「タイタス」「フーマ」と“複数ヒーロー”に変身するシリーズ初のウルトラマンだという。

■今度のウルトラマンはタロウの息子『タイガ』が主役!

 円谷プロは4月18日、『ウルトラマンタロウ』の“息子”として『ウルトラマンタイガ(以降タイガ)』を令和最初のウルトラマンとして放映することを発表した。

 今回の『タイガ』が、シリーズ初の複数ヒーローへと変身するウルトラマンであることも判明。主人公・工藤ヒロユキ(井上祐貴)の中に宿る第2のウルトラマン『タイタス』、第3のウルトラマン『フーマ』とともに活躍する。

 新TVシリーズ『ウルトラマンタイガ』は、テレビ東京系列にて2019年7月6日(土)朝9時より放送スタート予定だ。

■さまざまな世代のウルトラマンが登場

 令和のウルトラマン『タイガ』では、さまざまな世代のウルトラマンが登場する。例えば『タイガ』の父である『タロウ』は、昭和48年(1973年)に活躍した「昭和のウルトラマン」だ。

 第2のウルトラマン「タイタロス」は、昭和54年(1979年)に放映されたアニメ『ザ☆ウルトラマン』に由来するウルトラの星・U40の戦士にして賢者。第3のウルトラマン「フーマ」は、平成28年(2016年)に放映された『ウルトラマンオーブ』などで“光の戦士”となる力を授かった惑星O-50出身。

 こうして並べてみても、昭和、平成、令和のウルトラマンが勢ぞろいであることがわかるだろう。新たなウルトラ戦士たちの活躍を期待したい。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードウルトラマン

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース