赤チン、国内での製造が2020年で終了へ

2019年4月19日 22:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 かつて消毒薬として広く使われていた「赤チン」ことマーキュロクロム液の国内での製造が2020年で終了する(産経新聞テレ朝NEWSITmedia)。

 マーキュロクロム液は製造過程で水銀の廃液が発生することから水銀による環境の汚染の防止に関する法律で規制対象になっている。そのため2021年以降は国内での製造が行えなくなり、これを受けて厚生労働省は2019年5月31日を持って日本薬局方からマーキュロクロム液を削除することとなった。これにより、「日本薬局方」とパッケージに記載があるマーキュロクロム液製品は6月以降販売できなくなるという。

 また、パッケージに「日本薬局方」との記載がない製品については今後も販売が可能ではあるものの、国内での製造が行えなくなることから、2020年で「赤チン」は店頭から消えることになるようだ。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
「真実の口」風の消毒装置 2018年11月02日
大幸薬品、正露丸でアニサキスの活動を抑えるという特許を取得 2018年07月10日
本の殺菌やホコリ取り、消臭を行う「書籍消毒機」を導入する図書館が増加 2016年10月14日
メチレンブルーで記憶能力が上がる? 2016年07月01日
学校の保健室から「消毒液」が消える、代わりに「まほうのみず」を配備 2015年07月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース