東京為替:ドル・円はもみ合い、日本株高で111円90銭台を維持

2019年4月19日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:25JST 東京為替:ドル・円はもみ合い、日本株高で111円90銭台を維持
19日の東京市場でドル・円はもみ合い。ドル買い材料が乏しいなか、日本株高を手がかりとした円売りでドルは111円90銭台を維持した。

東京株式市場で日経平均株価が前日比100円超高の堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りが先行し、ドルは112
円台を短期的に回復する場面もあった。その後、主要市場の休場で商いは薄く、ドルは111円90銭付近に失速。

午後から夕方にかけては、ユーロ・ドルが前日の下げを緩やかに修正する値動きとなり、ドルに下押し圧力がかかった。ただ、日本株高の継続で円買いは後退しており、ドルは下げづらい展開となった。

なお、ユーロ・円は125円69銭まで下げた後は126円85銭まで切り返した。また、ユーロ・ドルはじり高となり、1.1229ドルから1.1245
ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円111円90-00銭、ユーロ・円125円80-90銭

・日経平均株価:始値22238.07円、高値22250.37円、安値22162.23円、終値22200.56円(前日比110.44円高)

【要人発言】

・浅川財務官

「10連休中にボラティリティが高まった場合の対応を協議」

「1月3日のようなクラッシュがないとは限らない」

「連休中も平日と同様に市場のモニタリングを行う」

・萩生田自民幹事長代行

「消費税率は今年10月に10%へ引き上げる基本方針に変わりはない」

「仮に消費増税延期なら国民の了解を得る必要がある。衆院解散は総理の専権事項」

・菅官房長官

「予定通り消費税増税できるよう運営に万全を期す」


【経済指標】

・日・3月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.8%(予想:+0.7%、2月:+0.7%)

【今日の欧米市場の予定】

・21:30 米・3月住宅着工件数(予想:123.0万戸、2月:116.2万戸)

・21:30 米・3月住宅建設許可件数(予想:130.0万戸、2月:129.1万戸←129.6万戸)

・聖金曜日で休場:独、スイス、英、南ア、米、カナダ、ブラジルなど《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース