合成麻薬を無許可で製造した疑い、松山大の教授と学生が書類送検

2019年4月17日 21:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

clay曰く、 2013年に大学内で合成麻薬「MDMA」や「MDA」などを製造したとして、松山大学の教授と当時の学生が書類送検されたそうだ(愛媛新聞時事通信瀬戸内海放送)。

 教授は「学術目的で学生に合成麻薬を製造させた」などと容疑を認めている。一方、当時の学生らは「教授に指示されて製造しただけ」などと話している。学生としてはとばっちりだが、本当の目的はなんだったのだろう?

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 犯罪 | サイエンス | 教育

 関連ストーリー:
合成麻薬MDMA、臨床試験が承認される 2016年12月06日
「エクスタシーの父」、88歳で死去 2014年06月04日
複数の合成麻薬を同時に検査できる薬物検査が開発される 2012年06月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。