マンガ配信アプリを不正改変し無料利用時間増やした男性、書類送検

2019年4月16日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 スマートフォン向けのマンガ配信アプリ「マンガワン」のAndroid版バイナリを改変して不正にマンガを閲覧していたとして、25歳男性が電磁的記録不正作出・同供用の疑いで書類送検された。

 マンガワンでは毎日一定時間内はマンガを無料で閲覧できる仕組みになっているそうだが、この男性はアプリを改変することで閲覧可能時間を不正に「約6億秒」へ延長していたと報じられている(ITmedia朝日新聞産経新聞共同通信)。男性はブログでその手口を公開していたという。

 この男性はヤフーの社員とのことで、ヤフーは「疑いが事実であれば、大変遺憾であり、厳正に対処する予定」としている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | アニメ・マンガ | IT

 関連ストーリー:
Nintendo Switchでは不正行為に対し本体やゲーム単位でのBANが行える 2018年07月10日
正規アプリの署名を維持したまま内容を改変できるAndroidの脆弱性「Janus」 2017年12月12日
オンラインゲームのチート使用で書類送検、今後も同様の事案は続くか 2014年07月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidマンガワン

広告