ネット規制機関を作り「有害な投稿」を規制 英政府が検討

2019年4月12日 21:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 英政府が、「有害な投稿」に関連するプラットフォーム企業に対する規制強化を検討している(ITmedia)。

 FacebookやYouTubeなどで「有害な投稿」が放置されていることは度々批判されているが、この動きはこういったプラットフォームによる削除・投稿ブロックといった自主規制ではなく、第三者機関によって規制基準を決めてそれを守らせるというもの。

 対象はSNSや各種ネットサービスを運営する企業で、独立した規制機関を設立し、規制に違反した企業や企業幹部への罰則が検討されている。違反したサービスに対する接続ブロックをISPに命じることも考えられているようだ。

 この提案は12週間の討議を経て、7月1日に最終案にまとめられる見込みだという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | 英国

 関連ストーリー:
韓国でSNIフィールドを使った特定サイトの接続遮断が始まる 2019年02月13日
ネットでの「不適切動画」投稿を規制するのは難しい 2017年05月09日
YouTube に反道徳的なムービーをアップした高校生が停学処分に 2011年06月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookYouTube

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース