男子高校生、自宅でウラン鉱石からウラン精鉱を精製しネット販売

2019年4月11日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 16歳の高校生が、ネットオークションでウランを購入したり、ウラン鉱石を製錬して得られるウラン粉末であるウラン精鉱(イエローケーキ)を販売していたとのこと。警視庁が原子炉等規制法違反の疑いで調べているという(朝日新聞毎日新聞時事通信朝日新聞の続報)。周囲の高校生にもウラン精鉱を譲渡していたほか、SNSでもウラン精鉱を精製していたことを投稿していたという。

 なお、この高校生は高性能爆薬の四硝酸エリスリトール(ETN)を製造・所持していたとして火薬類取締法違反容疑でも書類送検されているとのこと。3Dプリンタ製の銃や爆薬、覚せい剤などを製造・所持したとして懲役3年以上5年以下の不定期刑を言い渡された19歳男性とも連絡を取り合っていたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 犯罪 | サイエンス

 関連ストーリー:
3Dプリンタ製の銃や爆薬、覚せい剤などを製造・所持した19歳に懲役3年以上5年以下の不定期刑判決 2019年03月28日
一定量以上のプルトニウムやウランを扱う組織に対し研究者などの身元確認を義務付け 2018年11月19日
1950年代の子供向け原子力学習セット、博物館の展示物に 2015年02月21日
コダック社、高濃縮ウランを用いた装置を 30 年以上も地域住民に知らせずに設置していた 2012年05月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース